プロモーション会議を開催しました!




スクリーンに映し出される東京会場

本日、「とくしまサテライトオフィス・プロモーション会議」を開催しました。
県庁の会議室と東京会場((株)ダンクソフトの室町スタジオ)及び美波会場(サイファー・テック(株)美波Lab)をテレビ会議システムでつなぎ、資料を共有しながら、リアルタイムで意見交換を行いました。
会議では、関西圏から初めてとなるウェブサイトの企画・製作会社「キネトスコープ社(本社:大阪市)」が紹介されるとともに、年内に完成が予定されているサテライトオフィスの集積施設や11月に神山町や三好市で予定されている「視察ツアー」について、意見交換を行いました。
キネトスコープ社代表の廣瀬氏は大阪を中心に、映像プロデューサーとしても活躍するなど、関西のクリエイター関係者に影響力のある方だけに、今後の事業展開にも期待しています。

「とくしまサテライトオフィス・プロモーション会議」とは
  県、市町村、NPO法人、企業などで、平成24年3月8日に「サテライトオフィス」の誘致活動を成功に導くタスクフォースとして「プロモーションチーム」を設置しました。
メンバーが月1回程度、テレビ会議システムを活用し、本県の優位性や魅力を体感するツアー、古民家や遊休施設の改修による環境整備、受け入れ体制の充実や戦略的な情報発信の在り方などについて検討を進めています。