映像関連会社2社、神山へ進出決定!




世界で活躍する映像作家「菱川勢一」氏が代表を務める「ドローイングアンドマニュアル株式会社」と映画やテレビ番組の詳細情報(メタデータ)の編集・配信を手掛ける「株式会社プラットイーズ」が、神山町への進出を決定しました。平成25年初めに開設予定。

「ドローイングアンドマニュアル株式会社」は、企業広告の制作や、若手クリエーターの育成支援事業を展開します。菱川氏が監督を務めた、NTTドコモのCM「森の木琴」は、昨年のカンヌ国際広告祭の3部門で金賞・銀賞を受賞するなど海外でも高い評価を受けています。 

「株式会社プラットイーズ」は、メタデータセンター(恵比寿)の西日本バックアップセンター「神山センター」を開設します。メタデータの収集・編集に携わる業務運用部門とソフト開発部門から、計10人を新規雇用し、データのバックアップだけでなく、先進の運用・開発センターとして展開します。

10月に進出した「キネトスコープ社」に続き、映像関連分野の集積が進み、「とくしまサテライトオフィスプロジェクト」は、新たな発展段階を迎えています。


ドローイングアンドマニュアル株式会社

株式会社プラットイーズ
※「神山センター」求人の会社説明会(11/23)を行います!
神山センター採用情報