個人企業情報

【会社名】キネトスコープ社
【ホームページ】http://www.kinetoscope.jp
【開設地】徳島県名西郡神山町神領
【本 社】大阪市北区菅原町
【開設日】平成24年10月
【サテライトオフィスでの事業内容】
当面は通常業務のほか、受注案件ごとに発生する集中作業の仕事場として活用。将来的には新規事業のウェブサービス開発・提供の拠点とする。また、関西を中心としたクリエイターやアーティストの滞在先と、作品発表の場として弊社SOをサロンとしても機能できる場所作りを計画している。

神山サテライト 通称:神山ベース



企業紹介

キネトスコープという言葉をご存知でしょうか?こんな聞き慣れない言葉を社名に選んだのにはワケがあります。キネトスコープとは、1891年にエジソンによって発明された世界初の映写機。当時、映画をはじめて観た人々は、エンタメ時代の幕開けに、さぞ驚き、そして感動したことでしょう。「世界の人々に感動を与えられるような会社になりたい。」そんな想いでこの社名にしました。私たちはウェブ媒体を中心に映像やグラフィックなど、クロスメディアな表現を駆使し、ただ作るのではない、目的を持った企画とデザイン力、本当に価値のあるコンテンツを提供しています。

サテライトオフィス開設の経緯は?

2012年3月に、キネトスコープ代表の廣瀬が制作委員を務める「my home town わたしのマチオモイ帖 東京ミッドタウン デザインハブ特別展」の会場にて、ダンクソフトの渡辺氏に出会い、神山町のSOの計画や事例について初めて知り、そもそも「インフラさえ整えば、いつかは環境の良いところで最先端の仕事が出来る。」とICT業界で仕事を始めた時のビジョンを取り戻す。その後、4月にグリーンバレー理事、大南氏にお会いし、その活動内容や取り組みについて、深く共感。ご縁があって、6月に新たな空き物件が出たことをきっかけに、移住+SO計画の実現へ向けて、具体的に動きだし、同年10月末に移住+SOを借開設した。

サテライトオフィスを開設して良かったところは?

豊かな自然環境、人とのつながりを身近に感じながら、業務に集中することができ、先に神山町に入っているSO企業(価値観の合う企業)とのコラボレーションや、クリエイターとのコラボレーションが始まっていること。

サテライトオフィスを開設して感じたデメリットは?

大阪と神山を行ったり来たりのライフスタイルを選択しましたが、当初は大阪2週間、神山2週間程度のイメージだったところ、実際には業務の都合上、大阪3日間、神山3日間、そして大阪3日間など、往来の頻度が予想以上に多いこと。これから徐々にペースを作って行きたいと思っています。
     

MAP