個人企業情報

【会社名】TERADA 3D WORKS
【ホームページ】http://www.terada.3d.com/
【開設地】徳島県神山町
【本 社】東京都目黒区
【開設日】2016年9月
【サテライトオフィスでの事業内容】
自動車の3Dモデリング事業、プロダクト全般の3Dモデリング事業、文化財の3Dデジタルアーカイブ事業、デジタル教科書用の3Dアニメーション事業、デジタルファブリケーション教育プログラム企画開発、3Dプリンター・3Dモデリング教育プログラム開発

企業紹介

 TERADA 3D WORKSは、自動車業界における様々なリーディングカンパニーのカーモデリングを担当し、培ってきたそのモデリング技術を神山の小中高生または徳島県の高専生、大学生に向けて教育として地域に貢献できるよう様々な取組をしています。  今日アメリカでは、STEM教育と呼ばれるデジタルファブリケーションを活用した教育手法が開発されています。  翻って神山のような山間地域では、間伐材などの木質材料は豊富にあり、それらの材料を活用してデジタルファブリケーションなどの最新の技術を小中高生に教育し、地域の課題を解決していくような教育手法を開発していきます。  また、そのモデリング技術や3Dスキャンを使用して新しい文化財の保護の形態を活用していきます。

サテライトオフィス開設の経緯は?

 「神山町」がおもしろいと聞いてインターネットで検索し、初めて神山町を訪れたのは、2013年の夏です。その時にお会いしたNPOグリーンバレーのメンバーに親切に対応してもらったことや、神山でサテライトワークを始めていた方と意気投合したこと、また、見に行った空き家が安く借りられ、ロケーションも気に入ったので移住を決断しました。  移住後は、神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスを中心に仕事をしていましたが、このたび、コツコツと日曜大工で改修を進めていた古民家をオフィスとして開設しました。

サテライトオフィスを開設して良かったところは?

コンピュターを見続けながら車をモデリングする作業のあとに、神領を一望できる景色を見ながら休憩できるところです。人より動物が来る場所なので、話が通じない相手とどのように対峙していくか、日夜技を磨いています。また神山の様々な業種の方々と関わる中で、自然といろんな業界の知識が得られます。地域の教育を通して自分の技術が伝えられるという部分も良いです。

サテライトオフィスを開設して感じたデメリットは?

特にありません。
     

MAP