「TokushimaWorkingStylesレポート Vol.2」






 



 

We,”Tokushima Satellite Office”project team,are promoting remote work in the beautiful country side of Tokushima prefecture. 

Many people realize their way of working and living in the rich natural environment and interaction with people.

We will introduce the reports of people who are actually immigrated from overseas and realize their way of working in Tokushima.

 

徳島県では、「場所にとらわれない働き方」を発信するとくしまサテライトオフィスプロジェクトを展開しています。
多くの人が豊かな自然環境と人との交流を通じて、自分らしい働き方や生き方を実現されています。
今回は実際に海外から移住され、徳島で自分らしい働き方を実現している皆さんのレポートをご紹介します。
(英文の下に、日本語文が続きます)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Florence Passarieu(Kaiyo Town , Tokushima)

 

Why did I choose to come to Kaiyo cho?

■海陽町にどうして来ることにしたのですか?■

Hi! I’m Florence. I’m French and I was living before in Osaka where I met my husband, Takeshi.  We are living in Kaiyo cho, South of Tokushima since three months. We both wanted to live in countryside to have more sustainable life style, be able to surf and start our own activity : bamboo’s lanterns. After two months travelling around Japan, we decided to move to Kaiyo cho. This place combines beautiful natural sites and great surfing spots which is true for many places in Japan but the thing that made the difference was the energy we could feel from local community. When we were travelling, we met many people with interesting projects to improve Kaiyo cho. Local people, newcomers and city hall seems to communicate and work together. This first impression was confirmed after moving in. Everyone helped us to set up and start our activity!

こんにちは!私はフローレンスです。私はフランス人で、以前に住んでいた大阪で夫、健と出会いました。私たちは3ヶ月前から、徳島県南部の海陽町に住んでいます。私も主人も、地球に優しい生活ができ、サーフィンと、私たちの活動:竹のランタン作りを始めることができる田舎に住みたい、と思っていました。

日本国内を2ヶ月間旅行した後、海陽町に移り住むことにしました。日本で、美しい自然の景色と素晴らしいサーフィンスポットを併せ持つ場所は他にもたくさんあるのですが、ここが他の場所と違っていたのは、地域コミュニティーから感じられるエネルギーでした。私たちがここを旅行で訪れたとき、海陽町をより良くしていくために、たくさんの面白そうなプロジェクトを始めている人たちに出会いました。地元の人、移住者、町役場が、互いにコミュニケーションし合って動いているように見えました。この最初の印象は移住後には確信になりました。周りのみんなが、私たちの活動の立ち上げを助けてくれました!


 
 What am I doing for living?

■どうやって生活をしていますか?■

We are making lanterns from bamboo. We sell them on markets or participate to events. To start TakeNoHana (“Bamboo’s flower” in Japanese), we needed to find a house with an atelier. City hall employees and Attakaiyo (a local NPO) helped out so much that it took us only few weeks to find a place and move in! We also got many furnitures from Attakaiyo. Quickly, locals people or restaurants ordered some of our lanterns. We could also participate to a big event in Tokushima (BlueFes) and some local ones. We had opportunities to get part time or full time jobs (as farmers, indigo dying farm…) but we couldn’t apply yet (too busy making lanterns). We have planned to start TakeNoHana slowly with the idea of being self-sufficient in three years but after three months here, I’m thinking that it might take  much less time!

私たちは竹でランタンを作っています。市場で販売したり、イベントに参加したりしています。 「TakeNoHana( Bamboo's flower)を始めるには、アトリエがある家を探さなければなりませんでしたが、役場とNPO法人あったかいよう(現地のNPO)のおかげで、場所を見つけて入居するのに数週間しかかかりませんでした。 NPOからも多くの家具をいただきました。間もなくして、地元の人やレストランから私たちのランタンをいくつか注文してくれました。徳島の大イベント(BlueFes)や地元のイベントにも参加しています。パートタイムやフルタイムの仕事をする機会もあったのですが(農家、藍染め畑など...)ランタンを作るのに忙しくて、実はまだできていません。予定では3年後に自立するという考えで、TakeNoHanaをゆっくりと開始しようと思っていますが、ここでの3か月を考えると、(3年もかかることなく)すぐに実現できそうだと思っています!


 

After moving, what do I enjoy here?

■移住してからどんなことを何を楽しんでいますか?■

Here is a non-exhaustive and disorganized list of things I enjoy in my life here :

-how people act naturally with me (even if I’m French and have a very (very) basic level of Japanese)

-some friends are going to open an organic shop/café

-there is also a project to create a free school

-how people always help each other

-being able to cooldown in the river near my home and come back to work in only 15 minutes

-our neighborhood welcoming (we got a lot of rice and vegetables!)

-the fact I always meet someone I know when I go out

海陽町で楽しんでいること(順不同)。
・自然に行動を共にできる人々がいること(私はフランス人で日本語は非常に基本的なレベルです。)
・海陽町の友人たちがオーガニックショップ/カフェをオープンしようとしていること
・フリースクールをつくるプロジェクトがあること
・いつも人々が助け合っていること
・家の近くの川でクールダウンし、15分後には仕事に戻ってくることができること
・いい近所づきあいができていること(お米と野菜をたくさんもらっています!)
・外出先でいつも知っている人と出会うこと

-how I can mix my life and my job regardless of schedules

・スケジュールにかかわらず生活のなかに仕事を溶け込ませることができること。

-surfing

-the sunrise on the sea/the sunset on the mountains

・海の日の出/山の夕日

-the restaurants (as a vegetarian, it was not always easy in Osaka but, here, all of them try to adapt their food for me)

・レストラン(ベジタリアンの私は、大阪でベジタリアンのメニューを見つけることはとても大変だったのですが、ここではみんな私に合わせようと協力してくれること。)

-awaodori festivals (traditional local dance)

・阿波おどり(地元の阿波おどり)

-… 

I’m sure I forgot some but I’m really thankfull for all of that. I didn’t imagine that it would be that easier for me to move to countryside in Japan.

いくつかあげ忘れているものもあるかもしれませんが、何もかもすべてにとても感謝しています。日本の田舎に移住することが、こんなにも簡単だとは思っていませんでした。